オフィス内での席順

日本の会社で採用されている席順は固定制で島型と呼ばれる向かい合っているものですが、最近、オフィスでの席順を決めずに日ごとにランダムに変化させる、フリーアドレスという制度を取り入れる企業が増えつつあります。席順を確定させないことによって、座席を固定していては滅多に言葉を交わすことのない他部署の人や、年齢や階級に関係なく座席同士が隣り合うことになるので、組織をより一つにまとめることができ、良好な人間関係で満ちた組織を構築することができるのです。
とはいえ、フリーアドレスでは同じ部署の人との距離が座席によっては離れてしまうこともあり、仕事に支障が出てきてしまうこともあります。
しかし新たなプロジェクトチームをつくる場合、座席での拘束がないために空間に関係なく編成することができるので、オフィススペースを節約することにもつながります。そうして共有スペースを拡大することによって、社員同士のコミュニケーションがより密になり、組織の風通しがよくなることもあります。
また、営業や出張などで社員の方が外出する機会が多い場合において、社員の人数よりも座席の数を少なくすることができるために、コストダウンをすることができます。